可愛いお店

最近行った可愛いお店を紹介します。

可愛いお店と言っても、紹介する1件目は
店構えは可愛いけど、
メニューを見れば、さぁ~かっかってこいと挑まれ、
どうだと言わんばかりのお料理が出てくるお店だと
一回しか行っていないのに思ってしまったお店です

■A Ta Gueule  (アタゴール / 恵比寿)

 http://www.eatpia.com/atagueule/index.html

※今回、食事中に写真を撮るのは、お店、他のお客さん、一緒に食事している友人に失礼だと思ったので、
 掲載している写真は上記URLのお店紹介から拝借しているものです。

画像


JR恵比寿駅東口から白金方面へ歩いて10分ほどの場所にあり
注意していなければ、気づかずに通り過ぎてしまうくらい
可愛いお店ですが、一歩店内に入れば、ビストロ的な雰囲気のあるレストランです。

このお店に行こうと決めた紹介サイトの記事では
シェフの料理は「大地の味わい」と書かれていましたが
まさしく「大地の味わい」と思わせたのが
メインで出てきた「北海道産の乳飲み仔羊の部位」
部位は日によって異なり、私が訪れた日は、
お尻周りの部位が出てきました。

画像


よくある仔羊のステーキとは違って、
色々なハーブを使って調理された部位は
噛み応えがあり、少し癖がありますが
それこそ大地の味を思わせるものでした。
また食べたくなる、それこそ癖になりそうな味でした。

その他、自家製ソーセージなど一品一品どれも良い意味で個性的で
とても美味しく、量的にもお腹が一杯になるほど出てきたので、さらに大満足でした。

そしてフレンチの締めくくりであるデザート。
デザートが美味しくなかったら、そのお店にはもう行きたくない思ってしまうほど
デザートの美味しさが、私の中ではキーとなって占めていますが、
ここのお店のデザートは、
一緒に付き合ってくれた友人が一言「今までで最高のマンゴープリン」と言わしめ
私も「さすがベルギー大使館の元シェフ!!お腹一杯でもまだ食べれるワッフル」
とても美味しかったです。

画像


画像



最後に、シェフとお店に入ったとき目線が合い、
大地の味を出す=変な思い込みで、無口で頑固そうだと思ってしまいましたが、
確かに料理は頑固そうでしたが、
お店を出るときに私たちに見せてくれた笑顔は
シェフの人柄が出ているようでさらにまた行きたくなりました。

■ Cucina 13 Aprile (クッチーナ トレディチ アプリーレ / 西麻布)

 http://www.eatpia.com/13aprile/index.html

※今回、食事中に写真を撮るのは、お店、他のお客さん、一緒に食事している友人に失礼だと思ったので、
 掲載している写真は上記URLのお店紹介から拝借しているものです。

このお店は、タイトル通り、店構えも、店内もそしてお料理も
本当に可愛らしいお店です。

画像


お料理が可愛らしいと言うのは、
お店のコンセプトかどうかわかりませんが、
一品一品量を少なめにして、可愛らしく盛り付け、
少しでも多くの料理を食べてもらいたいと感じられたからです。

今回はプリフィクスを頼みましたが、パスタが3種類も出てきました。
それだけでも楽しく思えました。
そして絶品だったのが、前菜で出てきた、京都産の岩牡蠣です。
岩牡蠣は大好きでよく食べますが、もっぱら生やそのまま焼いたものでしたが、
今回はイタリア料理らしく、岩牡蠣にラルド(豚の背油)を乗せて焼いたもので
このラルドがうまく溶け、ほんのり豚の甘みが合わさり
岩牡蠣の美味しさを一層引き立てていました。
しかも、これがメインでも良いじゃないというくらい、
肉厚で大振りな岩牡蠣が二個も出てきました。
この料理だけで私はノックアウト状態でした。

画像


最後に、お店の接客がとても良かったことを書いておきます。
いい意味で家庭的な感じがして、
田舎の洒落てるけど寛げるレストランという感じでした。
また女性同士で利用するには、それこそ可愛らしくてお値段もお手ごろなので
お薦めします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック